社交ダンス|ラテン・ジャイブの基本ステップ

社交ダンスの競技種目でもあるジャイブ(ジャイヴ)は軽快なステップと
見る人も楽しくなるようなダンスですよね♪

社交ダンスのジャイブをまだあまり知らない方はこちらの動画をどうぞ♪

今回はそのジャイブで初心者さん練習用の基本ステップを解説✨

ジャイブは軸足でしっかりとバランスを取りながら、軽快なステップで動いていくため下半身の体幹トレーニングにもなります。

美脚を目指せてカッコよく踊れる一石二鳥のジャイブ。
ダンス初心者さんも楽しくエクササイズしていきましょう♪

社交ダンス・ラテンのジャイブで使う「キック」でエクササイズ!

まずは軸足の練習・エクササイズです。

ジャイブでの軸足の動作は、カカトを上げたりおろしたりすることが多いのですが、その時に足の力だけで動かそうとせず、腹筋・背筋も意識して上下させます。

自分の下っ腹は背中側に常に吸い付いているようなイメージを持てるとGood✨
軸足は足の付け根よりさらに上から引っ張り上げられている感覚を持つことで、ブレにくく姿勢も綺麗になります♪

ジャイブのキックを実践してみよう

ジャイブのキック解説

※ジャイブのキック解説は上の動画の1:07〜画像クリックでも飛べます。

社交ダンス・ジャイブのキック

  1. 軸足と反対の足のつま先をあげ、膝を曲げてスタンバイ
  2. 軸足を軽く曲げると同時に反対の足を正面へと前に伸ばす
  3. 続いて軸足を伸ばすと同時に反対の足を元の位置まで引き上げる
  4. この一連の動作を素早く行い、4/4拍子(ワンツースリーフォー)のワンで曲げて伸ばしツーで足を下ろす
  5. スリーフォーで反対の動きを行う

ジャイブのキックを行うときのポイントと応用

一見、軸足と反対の足を単純に曲げ伸ばしすることでキックしているように見えますが、軸足をお腹かから引っ張り上げることで反対の足は自然についてくるイメージで動かしていきます✨

体の中心を意識しながら基本的に片足で立っている状態になるので、体幹とバランス感覚が鍛えられますね♪

慣れてきたら音楽に合わせたり、応用編としてダブル・横のキックも試してみてください!

ジャイブのキック応用編

※音楽に合わせたジャイブのキック&応用解説は上の動画の1:07〜画像クリックでも飛べます。


ダブルは4/4拍子のワンツーで2回、軸足と反対側の足を出し、スリーフォーで足を下ろします。
横のキックは体の真横にキックを出す応用ですね✨


初心者さんがダブルで素早くキックしたり、横も交えてステップしていくのはなかなか難しいですが、ゆっくりと反復練習を繰り返せば徐々にできるようになってきます♪

是非動画を参考に音楽に合わせたり何度も見返してチャレンジしてみてください!

社交ダンス・ラテンのレッスンは自宅でできる「おうちレッスン」で♪

おうちレッスンのラテンクラスでは、ラテンの様々なジャンルのレッスンを自宅にいながら受講できます♪

ダンス初心者さんも毎月曲に合わせて1曲踊れるように練習していくので、ラテンダンスを始めてみたい・踊ってみたいという方は、ぜひお気軽にご参加ください!

無料の体験レッスンも行っているので、興味のある方はレッスンを覗いてみてください✨

関連記事一覧